My Photo
無料ブログはココログ

項目一覧


  • (1)おすすめサイト  *岩崎秀夫のギタースクール *私の講演テーマ(2)文化・芸術  *我が旅考察論 *我が演劇論::序論 *我が芸術論:序論 *我が芸術論:本論(更新中)(3)芸能・アイドル  *私の人生行路 *俳優:岩崎秀夫の掲載媒体(更新中) *私の記憶にある出演歴(更新中)(4)日記・コラム・つぶやき  *INVESTIGATION(研究課題)(更新中) *評判をいただいた自作のシナリオ集(代表作) *私のファンの方々へのお詫び状 *私の感じたままに(更新中) *国際派俳優:岩崎秀夫の軌跡

俳優:岩崎秀夫の素顔

  • 著名な政治アナリストである伊藤惇夫氏と私。
    私の好きなスケッチです。

Sunday, 23 August 2015

津田沼カルチャーサロン

(1)各種英語講座:
  
①入門英語・旅行のための英会話・英検(各級)
 
   英語を楽しく身につけましょう!

  ②就職直結講座:

*ツアーコンダクターに必要な実践英会話(将来、就職先紹介)

TOEICコース(将来、就職先紹介)

入会金¥5,000、1回(30分~)¥1,500~(月謝制) *教材費別途

(2)ポリグロット人(英語・フランス語・ドイツ語)になる講座

これからの国際人は、3ヶ国語を操れる人を求めています!

入会金¥5,000、1回(30分~)¥2,000~(月謝制) *教材費別途

(3)各種ギター講座 :クラシック・ジャズ・フラメンコ

  ポップス。入門・初心者大歓迎!(ギター無料貸し出し)

将来、ギター教室を開講できるようご指導します。

入会金¥5,000、1回(30分~)¥1,500~(月謝制) *教材費含

(4)大人向けピアノ講座

簡単な曲を弾けるようになります!

入会金¥5,000、1回(30分~)¥1,500~(月謝制) *教材費別途

(5)タレント養成講座 将来、タレント希望受講生(15歳以上)
:芸能事務所:「アイ・オフィス」支援。(但し、事前選考試験有・20歳未満の方は、親の同意書必要)、中高年の受講生も大いに歓迎します!

入会金¥10,000、毎月(2)のレッスン料(稽古場料金含)¥20,000(月謝制)                      お気軽にお問い合わせ下さい。

PCメール: i-int.l-association@nifty.com

*☎:090・1106・6293(津田沼カルチャーサロンまでどうぞ)

 

Saturday, 22 August 2015

第28回起業家セミナー開催(掲示板)

Pict0001

<起業家の方々の目指しているまたは現在起業を経営している人々の情報交換会>

開催日時:2016年8月26日(金曜日)午後7時から開催決定
開催場所:京成船橋駅:イタリアンレストラン「ポポラマーマ」tel:047-422-7864(住所:船橋市本町3-1-1柏屋ビル2F)
会費:夕食代のみ:各自参加者負担(概算:¥1,000前後、アルコールは、申し訳ありませんがご遠慮ください)
参加希望者の方は、開催日の一週間前までにメールでお申し込みください。それ以降の受け付けはできませんので、ご了承ください。また、申し込み以降のキャンセルは、必ず事前にメールにてお知らせください。
申し込みの時に、(1)氏名(2)連絡先*携帯電話番号と現住所(3)自分は何の起業を考えているか?
(1)~(3)を明記のうえお申し込みください。
#この例会は、2ヶ月に1回開催しています。くれぐれも強制参加ではありませんので、その点をご理解ください。
#気が向いたときにお越しください。
#ほかの参加者方々の情報を聞くだけではなく、自分の情報を積極的に公開する方、またはこれからの人生で何をしたらよいか迷っている人の参加をお待ちしております。また、人生で疲れている方の参加もお待ちしています。本音を話す相手がいない方の参加も大いに歓迎です。
(厳守項目)
*参加者の方は、この例会では自分の宗教・政治・哲学・人種のお話は禁止いたします。もし、そのような方がいましたら、次回からの参加をお断りいたします。
*参加者の方が自分の営業目的での参加は、厳禁いたします。
 (自分の営業上のチラシ・パンフ・その他関連物品の持ち込みも厳禁いたします)
*この交流会は、参加者の考えている起業の企画への金銭上の援助はできませんが、お互いに意見交換をしてより良いアイデアを出し合い、助け合うことが目的です。
#参加する方は、必ずご自分の名刺をご持参して下さい。他の参加者の方々との名刺交換をいたします。手作りの名刺でも結構ですので、お持ちください。
それでは、気楽なつもりでご参加ください。
お待ちしております。
主宰者:岩崎秀夫

Tuesday, 17 March 2015

嶌先生と私とのツーショット(2015年3月13日)

Nfvltszfbllcmsm1426598036_1426598_2著名な嶌先生は、気さくな大変感じのよい方でした。

Thursday, 13 March 2014

著名な外交ジャーナリストである手嶋龍一氏と私とのスナップ(2014年3月11日)

Part1_2

 

Wednesday, 23 October 2013

孤独の深遠なる無限の可能性の考察論(高崎商科大学叢書論文)

*本文中の図は、後日加筆しますので、今しばらくお待ちください。

問題定義

 

 孤独の実現には、①他人(自分以外)との関係を断つ。つまり、近親者(両親・兄弟姉妹・友人等)、結婚回避、②自分の日常の場所から離れる③時間の観念の忘却。つまり、②③は、イコール旅行為が考えられる。

 

人間は、孤独という言葉にある種の暗いイメージを持つ。多くの人々は、この言葉をあまり考えないようにしているのではないか?それを深く考えると、淋しさがこみ上げるからであろうか。また、ろくなことを考えないのであろう。つまり、引きこもりや最悪の場合は、人生回避の道(自殺)について考えが思い浮かぶのである。確かに、孤独の負の面を見れば、永い間、孤独の生活をしているとそのような人の中には精神的な病気・自殺に陥らせる要素を誘発することも確かに存在する。

 

つまり、人間社会では、他の人の助けのおかげで、生きて行けると信じ、一人になることを嫌うのである。ある人が孤独が好きといえば、周りの人は変な人と判断をしてしまう傾向がある。しかしながら、孤独の正の面を見れば、孤独の生活を通じて、生活が充足している人々もいるであり、また孤独を通じて偉大な偉業を成し遂げた人もいるのである。それを真っ向から向き合うならば、底知れない素晴らしいパワーを獲得することできるのである。その利点を生かして多くの偉大な人間は、孤独の中ですばらしい作品を作り上げて来たのである。

 

そして、「孤独」の無限なる可能性に注目して、これからそれの解明を試みることは人間社会にとって意義があると信じるのである。人間は、孤独の中で脳が特別な潜在能力を引き出し、良い作品、言い換えれば、芸術の創造を作り上げるであろうという仮説の上で論述する。別に「芸術の創造」だけではなく、宗教の世界でも、「孤独の重要性」が強調されているのである。宗教では、一般的に孤独の中で神や天使との出会いがあり、啓示があり、悟りがあるといわれている。人類の偉人としてキリスト教の開祖イエス・キリスト、仏教の開祖ブッタ、イスラム教の開祖マホメットなどは、孤独の中で静寂の世界で神秘的な自然との体験を通じて神の啓示を受けたと推測される。その上、科学の分野でも孤独の中で偉大な発見をしているのが数多く見受けられるのである。

 

但し、全ての人が孤独を利用すれば、偉人になるとは限らないのである。しかしながら、孤独の有用性は、かならずしも否定できないのである。その起因と可能性を検証する。

 

孤独が人間社会にとってなくてはならない存在であり、それがなくては「社会の文化の発展」はありえないのではないか?以上の仮説を検証する。

 

先行研究

 

 まず、孤独について、アブラハム・マズローの自己実現論の中から考察する。

 

マズローは、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものである。また、これは、「マズローの欲求段階説」(1)とも称される。
 (図―1)

 

                             

1)生理的欲求(Physiological needs

 

生命維持のための食事・睡眠・排泄等の本能的・根源的な欲求

 

2)安全の欲求(Safety needs

 

予測可能で秩序だった状態を得ようとする欲求

 

3)所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging

 

生理的欲求と安全欲求が十分に満たされると、この欲求が現れる。

 

情緒的な人間関係・他者に受け入れられている、どこかに所属しているという感覚

 

かつて飢餓状態であった時には愛など不必要で非現実的だと軽蔑していたことを忘れ、今や孤独・追放・拒否・無縁状態であることの痛恨をひどく感じるようになる。

 

不適応や重度の病理、孤独感や社会的不安、鬱状態になる原因の最たるものである。

 

4)承認(尊重)の欲求(Esteem

 

自分が集団から価値ある存在と認められ、尊重されることを求める欲求 

 

5)自己実現の欲求(Self-actualization

 

以上4つの欲求がすべて満たされたとしても、人は自分に適していることをしていない限り、すぐに新しい不満が生じて落ち着かなくなってくる。

 

自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、具現化して自分がなりえるものにならなければならないという欲求。

 

これら5つの欲求全てを満たした「自己実現者」には、15の特徴が見られるのであるが、その中で特に注目する項目があるので、取り上げる。

 

1. 文化と環境からの独立、能動的人間、自律性

 

2. 至高なものに触れる神秘的体験がある

 

3. 創造性

 

4. 文化に組み込まれることに対する抵抗、文化の超越

 

マズローは、5段階の欲求階層の上に、更にもう一つの段階「自己超越(self-transcendence)の段階があると指摘する。その中で注目すべき項目を列挙する。
     1.統合された意識を持つ
     2.落ち着いて、瞑想的な認知をする
     3.深い洞察を得た経験が、今までにある
     4.創造的である
 以上彼の理論では、孤独の観点から取り上げると(3)所属と愛の欲求(5)自己実現の欲求である。(3)については、メンタル的社会との不適合とそれに伴う孤独感を指摘(5)については、全ての欲求が満たされてもまた次の欲求が生まれ、自己具現化の欲求が生まれるという。この段階で人間に特別な領域に近づくのである。つまり、①宗教面②芸術面③科学面での「Glimpse」または「intuition」が起こるのである。
 ①宗教面での実例
キリスト教のイエスは「四十日のあいだ」荒野において、神の啓示を得た。イスラム教のムハンマドは、メッカ郊外のヒラー山の洞窟に幾度も籠り、瞑想にふけるようになり神の啓示を受けた。仏教の釈迦は、インド東部のビハール州にあるブッダガヤで悟りを開いたのである。
  ②芸術面での実例と各偉人の孤独の名言を紹介する。
 音楽家のヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
 「言ってみれば、完全に本来の私で、全くの独りで、活力に満ちていられるのは、例えば、馬車で旅行しているときや、十分な食事の後の散歩や、眠れない夜の時間です。そういうときにこそ最もアイデアが自由にあふれ出てくるのです。」
小説家のフランツ・カフカ
 
「あなたは部屋を出る必要はありません。テーブルの前に座り耳をすませてください。いや耳をすませる必要さえありません。ただじっと待つのです。努めて平静になり、動かず、孤独でいるのです。世界はおしげもなくあなたに本当の姿を見せてくれるでしょう。世界は恍惚のうちにあなたの足元に転がり込むのです。」
ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
 「ある者は社会の中で道を示されます。またある者は孤独の中にあってのみ奮い立つのです。」
パブロ・ピカソ
 
孤独でなくして、意義ある仕事は不可能です。」
パウル・トーマス・マン
 
孤独にいることは、独創性や、いまだ出会ったことのない冒険的な美意識、そして詩を生み出してくれます
③科学面での実例
ニコラ・テスラ
  「誰にも邪魔されない不断の孤独の中でこそ精神は鋭敏に研ぎ澄まされます。想像力を損なわせようと襲い掛かる外部の影響力から自由な隔離された場所でこそ創造性は栄えるのです。独りになりなさい。それが発明の秘訣です。独りでいなさい。そこからアイデアは生まれます。」
ヨハン・アルベルト・アインシュタイン
 
「私は定まった仕事のスケジュールを立てていますが、その一方で、時間をとって海辺を散歩しています。そうすることで、自分の頭の中で何が起こっているのかに耳を傾けることができます。仕事が上手くいっていないときは、仕事の最中でも横になって天井をじっと見つめて、自分の想像力の中で何が起こってるかを感じ心に描くようにしています。」「孤独こそがクリエイティブな人の習慣、偉人名言集」(2)
 

 但し、ここで特に注目するのは、偉人は、とかく孤独の負の要素が強いようである。
 次の(図―2)は、天才の対人関係の分析図である。

 

(図―2)(3) 

 

「天才の対人関係」より

 

(図―2)からいくつかの共通点が確認される。①6名中5名が父母の両方又は片方が早い時期に死亡している②結婚については、6名中2名が独身、4名が近親者又は親しい友人・知人からの紹介によるもの③友人は、6名中2名が極めて少なく、友人がいても幼い時代からの友人関係だけが継続。つまり、両親の愛情が長く続いてない環境に育ったこと、また友人が少なく、結婚相手については、自分の気持ちから積極的に選択したのではなく、まわりから紹介され仕方がなく結婚に踏み切ったように分析される。結婚について、また、このデータ以外に、世界的な思想家ないし哲学者であるライプニッツ・スピノザ・カント・ウィトゲンシュタイン・ニーチェ等は、すべて結婚せず、長い人生を孤独のうちに過ごしたのである。

 

次にマズローの(5)項目に関連してアンソニー・スト―の考察を紹介する。彼は次の事例を引用している。(4)

 

「1934年の冬、南極大陸の前線気象観測地の要員として、たったひとりで南極に滞在することになったバード提督の日記には、:午後4時、氷点下89度(華氏)、いつものように散歩に出た。私は静寂に耳を澄まして立ち止った。昼は死に夜が生まれつつある。しかし、まことに静かである。ここには測り知れない宇宙の営みと力が、調和と静寂を保って存在している。調和、まさにそれだ!それは静寂から生まれてくるものだ。やさしいリズム、完全な和音の旋律、おそらくは天体の音楽。そのリズムを捕えれば、一瞬でも自分がその一部分になれば、それで充分であった。その瞬間、私は人間と宇宙の一体性に何の疑いも感じなった。その時確信したことは、そのリズムがあまりに秩序正しく、あまりに調和的で、まったくの幸福の産物とは思われないほど完全であるということ、それゆえにこの全体の中に目的があるに違いないということ、人間が偶然の派生物ではなく、その全体の中の一部であるということ、であった。それは、理性を超越する感情であった。それは人間の絶望の核心にまで至り、それが根拠のない絶望であることを突き止める感情であった。宇宙は秩序の世界であり、混とんの世界ではない。人間は、昼と夜がそうであるように、まさしくその秩序の世界の一部である。「個人と絶対なる者との間にあるすべての障害物を克服するこの体験は(私の個人的な補足:宇宙との一体感の神秘的体験を指すのであろうか?)、非常に神秘的で偉業である。神秘的な状態において、私たちは、絶対なるものと一つになり、そして一体になったことを自覚する」と述べている。また同書ではフロイトとロマン・ロランの往復書簡で、「宗教的な感情は、永続性の感知であり、限界もなく、境界もないもの、いわば(大洋のような)ものを感知することである」と述べている。

 

「安心感と自然・人間との一体感との関連」で指摘しておきたいことは、宇宙である母の胎内の子宮で安心感を感じるのではないかと考えないわけにはゆかないのである。また、人類に偉大な足跡を残した人々は、似たような体験[自分と宇宙との一体感=大洋感情]をしているのである。

 

もともと地球の動植物界は、宇宙のリズム、つまり母の体内の心臓の鼓動に従って営まれている。

 

但し、孤独から生まれてくる宇宙との一体感(安堵感)は、ある意味で自滅の道との表裏一体であることを忘れてはならないのである。

 

 

 

孤独の負の面の考察として年齢と孤独との関連性

 

<若者と孤独>
(図―3)

 

自殺する若者達と1990年代              

 

若者(30歳未満)の自殺者の推移:2010年版警察庁自殺(5)

 

グラフから次のように分析

 

 1990年,失われた10年への突入

 

 1996年,文部省「いじめの問題に関する総合的な取組について」~今こそ、子どもたちのために我々一人一人が行動するとき~ いじめの増加

 

 地域住民の連帯希薄化

 

 地域の教育力低下

 

 異質の排除

 

若者がひきこもる意味と新たな学び方・働き方の保障(6)

 

特に、地域住民との連帯感の希薄化は、負の孤独感へつながり、また異質の排除は自分世界へ向かう内向性を示し考え方によって自殺へと駆り立てられるのである。注目するのは、スマートフォンで友人・知人とのみコミュニケーションをして、地域住民と面と向かって会話をする機会が希薄である。

 

<高齢者と孤独>

 

(1) 身体的負担

 

・高齢者の自殺の「原因・動機」の7割は「健康問題」(全年齢では4割)

 

・高齢自殺者の90%以上がなんらかの身体的不調を訴え、約85%が入通院による治療を受けていた

 

・高齢者の多くは自分の健康状態について悪い評価を下しがちで、病気を大きなストレスに感じ「楽になりたい」、「元の体に戻らないなら死んだ方がましだ」といった言動が目立つ・高血圧症、糖尿病、脳梗塞後遺症、心臓病、関節痛などの慢性的疾患をかかえることが多い

 

・継続的な身体的苦痛がうつ病の引き金となり自殺につながると考えられる

 

(2) 家族への精神的負担

 

・高齢自殺者の多くが生前家族に「長く生きすぎた」、「迷惑をかけたくない」ともらしていた・心身両面の衰えを自覚し、同居する家族に看護や介護の負担をかけることへの遠慮が生じる

 

(3) 喪失感と孤立

 

・高齢者の自殺の「原因・動機」の1割は、配偶者、子、兄弟など近親者の病気や死(喪失体験)

 

・強い喪失感から閉じこもりがちとなり、孤独・孤立状態からうつに至ると考えられる

 

(国立精神・神経センター精神保健研究所提供資料)(7)

 

特に(3)喪失感と孤立については、高齢者に対して人生の先輩としてみなすことができなく、尊敬の念がないのである。この傾向は、経済的先進国の国々で顕著に見受けられるのである。反対に後進国の国々では、高齢者に対して尊敬の念が強いのである。経済的後進国(タイ・ミヤンマー・フィリピン等)には宗教的に高齢者を人生の大先輩として尊敬する教えがある。また、高齢になると若いころとは違って孤独になり易くなるのである。例えば、配偶茶・身内親戚・友人らとの死別や別離が若いころとは違って多くなり、一人になる必然性がある。そのような孤独生活の中で、負の作用では精神的な病に陥り、最悪の場合「自殺」がある。

 

孤独と旅との関連性
 本来の旅の源泉は、洋の東西を問わず宗教的な性格であり、(8)響庭孝男矢氏曰く、「人間は、俗の中で暮らし、俗界こそ人間の戦いの場であり、また夢見る臥所(ふしど)であり、救いの道はないかと思い巡らすものである。そして古代の人間が、俗界と対立する「聖なる空間」を設定したのでした。俗の中に生きる人間は聖なる場所を必要とし、そこへ「行」ことによって身に染み付いている俗臭を払いのけ、禊(みそぎ)をし、「自己浄化」をしてきたのである。」として的確に指摘しています。現代的に解釈すると、毎日の平凡な生活から離れ、場所を変えることによる「気分転換」の場として、つまり「みそぎ」として旅行地に憧れ、多くの人が旅に出かけるのである。

 

現在「旅行」という形態で、多くの旅行客が国内のみならず海外へも手軽に行く時代である。また、反対に海外からの旅行客も多く日本へ訪れている。 

(図―4)(9)
 
 
 つまり、(図―4)の通り「旅行」が盛況であるが、2020年の東京オリンピック開催時には、数多くの観光客が海外から来ると思われる。その動向により、日本の経済波及効果が大いに期待されるのである。このような大きな国を挙げての行事があるので、一層本来の意味で「旅行」つまり「旅(タビ」の原点を考察することは意義があると思われる。
  但し、旅には常に「孤独」が同居している。旅には、一時的にせよ全ての今までの自分と関わり(地位・身分・)のすべてを置いてくることであり、何も身につけていない真っ白な状態のことである。つまり、自分の名刺の肩書きの喪失と同じ心境になる。その不安感から精神的な不安定さが生じ、孤独感が生まれるのである。では、そのような特色を持つ旅に何故に多くの人々があこがれるのであろうか?旅の孤独を通じて、何かを期待するのであろうか?例えば、未知の人との出会いであり、未知の環境からの何かを期待するために出発するのであろうか。別の表現として旅の孤独感は、孤独であればある程新たな未知なるものへの感受性が一層研ぎ澄まされるのである。
  ところで、旅=(時間・空間の移動)の視点からすると宗教上新たな発見のために世界の開祖は、自然界の啓示を求める目的で旅に出たのである。彼ら偉人は、その旅では忘れてはならないことは、孤独の中で「啓示」、「悟り」の境地に至ったのである。
  一般的に孤独の中で神や天使との出会いがあり、啓示があり、悟りがあるといわれている。例えば、世界の3大宗教の一つであるキリスト教の聖書の中での「荒野の試み」【マルコ福音書第一章123節】では、イエスは「四十日のあいだ」荒野におられた。「四十」は苦難と試練の時を指す象徴的数字である。大洪水は四十日四十夜続いた。イスラエルは四十年荒野にさまよった。モーセは四十日四十夜シナイ山で断食した。イスラエルは四十年のあいだペリシテ人に渡されていた。エリヤは四十日四十夜荒野を渡ってホレブ山についた。イエスにとって神の啓示に与る場としての荒野は、同時にサタンに試みられ、サタンと苦闘する試練の場でもあった。(10)
 
 
イスラム教では、ムハンマドは、メッカ郊外のヒラー山の洞窟に幾度も籠り、瞑想にふるようになりました。西暦610年頃、四十歳の時に、ヒラー山の洞窟に横たわってうとうしていると、突然、天使ガブリエルが現れて、ムハンマドに話しかけました。ムハンマドはその意味がわからず、自分が詩人か、もの憑きなったのではないかと悩み、自殺をしようと考えましたが、その時、空中に天使ガブリエルが現れて、「ムハンマドよ、あなたは神の使徒である。」と言いました。(11)
 
 仏教では、釈迦はブッダガヤで悟った後、さらに49日間禅を組んだまま悟りの法悦の余韻にひたり、人生はここに極まったとして何も食べず死を選ぼうとした。するとインド神話の創造神・梵天(ぼんてん)が目の前に現れ、彼に「悟りの内容を人に伝え広めなさい」と3回告げたという。(12)
 

 結論
  孤独の負の面の裏面は正であるので、それをいかにして表に引き出すかが問題である。孤独の負の作用が生まれるのは、人間は本来負の要素の比重が正のそれより多いのではないかと仮設する。忘れてはならないことは、孤独の状態になるということは、人間は集団の中で生活をしている環境に慣れているので一人でいることに慣れていなく安定な精神状態になることは難しいのである。その不安定な状態からいかに脱出して安定な状態にするかが問題である。それができるかどうかは、何か専門的な自分に興味があることと精神的に結びつける事によって孤独の正の作用が覚醒するのである。その結果、安定するのである。この段階でクリエイティブな新分野の発想が生まれるのである。
  それぞれの分野の専門性を持つこと、また何かの閃きでその分野で立派な偉業を成し遂げるのである。それは、それぞれの専門知識をその人物が所有しながら、専門外のことをする(ゲームを楽しむ・散歩をする・風呂に入る)によって偉大な業績を成し遂げられるのである。例えば、IT産業の最大手のグーグル社では、何か企画開発する場合、会社の方針として、スタッフは、パソコンのまでに座る時間が少なく、気分転換のためにビリヤードをしたり、近くの海岸でリラックスしながら散歩をして何時間も過ごすことが許されているのである。このような気分転換が、精神を安定させ、新たな新しい発想が浮かぶのである。また、よく言われるように音楽の作曲家は、新しい曲想がピアノの前ではなく気分転換のために、お風呂に入った時とか友人との会話を楽しんでいる時に心に浮かぶといわれている。
  脳が一つのことに集中していると新しい考え方が生まれなく、別の脳の部分を使うことによって相乗効果として新しい発想が開発されると言っても過言ではないのである。
  その仮説に関連して、医学的な観点から右脳と左脳の役割の違いについて概観する。 

(図―5)(13)

 私たちの脳は右半球と左半球に分かれ、その真ん中に脳梁(のうりょう)という神経線維がある。右脳と左脳では働きが違い、脳梁は両者の連絡橋の役割を担っている。
  右半身の運動は左脳、左半身の運動は右脳が命令を下す。これは、大脳と体の各部分をつなぐ神経が延髄のところで交差している。
 
 右脳と左脳の役割の違いは次のとおりである。
左脳
  左脳は、言語の認識と言語的推理、計算と数理的推理、論理的思考などを受け持っている。
  読む、書く、話す、計算するなどの行為は左脳の役割になるわけである。
  そのため、左脳は言語脳、論理脳、デジタル脳などと呼ばれることがある。
 
 人間の知性の源となるものが、この左脳に集まっていると考えてもよい。
右脳
  右脳は、図形や映像の認識、空間認識、イメージの記憶、直感・ひらめき、全体的な情報処理などを受け持っている。
  絵を描いたり、楽器を演奏したりするのは右脳の働き。
  右脳は、イメージ脳、感覚脳、アナログ脳などと呼ばれることがある。
  デザインや音楽などの芸術的な活動や、アイデア・ひらめきなどを必要とする企画の仕事、学問的な研究や技術の開発などでは、右脳の働きが重要になる。
 
右脳・左脳はバランスが大切。相互の関連づけで相乗効果がある。
  学校の勉強(主要教科)は主に左脳を使う。そのため、右脳を鍛える機会がかなり少なくなっている。
  大切なのは両者の脳力のバランスである。右脳と左脳のそれぞれを意識的に鍛えることで、相互の関連づけを図ることができれば、左脳との相乗効果が期待できる。
  
 <脳のニューロンの重要性について>(14)
 私たちの脳が何かを記憶するときには、同じニューロンをいくつもの記憶に対して使い回している。こうすれば限られた数のニューロンを効率的に使えるからである。
  この仕組みは、人間の脳のすばらしい能力を作り出す原動力にもなっている。1つのニューロンを使って違う情報をいくつも扱うということは、「連想」という人間にしかできない脳の機能を生み出すことができるからである。 ニューロンのネットワーク上で、「まったく違った情報」をいろいろ組み合わせたり、離したりすることで、空想したり、ひらめいたり、創造したりすることができるのである。
 
 つまり、気分転換は、ニューロンの作用によってメンタルな正の効果が開発されるのが、立証されるのである。
 (日常の効果的な事例)
  ・勉強は体をまったく使わないので、その正反対のスポーツが気分転換には理想的。
   特に仲間や相手のいるスポーツ=野球、サッカー、バスケ、バレー、テニス、卓球な
   どが適している。
 ・同じ意味で友人とサイクリングする。体を使うだけでなく、新しい風景を見ること。
 ・友人や家族とカラオケで思いっきり発散する。
 *絵やイラストを描く、楽器の練習をする、手芸や工作をする。
 *囲碁や将棋、オセロなどの好きな人はライバルとの対局をする。
 ・女の子は仲間とおしゃべりする。
 *好きなジャンルの小説を読む。
 *泣いたり笑ったりする。
 *映画を見る。
 *ショッピング。
 ・数ヶ月に一度くらいコンサートに行ったり、旅行を楽しんだりする。
 (*=孤独との関連例がある事例として、著者が加筆)
 脳をリフレッシュする気分転換法 - 記憶術と勉強法(15) 

「脳の仕組みを孤独との関係」で最大に開発して成功に結び付いた多くの偉人が名言を残している。
 次の偉人の名言から孤独の効用とひらめきとの関連性について含蓄のある言葉を紹介。
 天才的数学者であるガウスは、何年も悩んでいた課題が解決した時のことを述べている。

 

「二日前、私はついに成功した。私が苦労したのではなく、女神カリスたちのおかげだ。突然輝いた雷光のように、謎が解けた。」(16)
  最後に、孤独の正の作用についてアンソニー・ストー曰く:創造的な人間においては、三つの段階がある。第一段階は技術を磨く段階であり、先生に対する恩を感じて仕事をする。第二段階は自分の芸術を確立する段階であり、自分自身を表現する外部への作用、個性的な手法に至る。第三段階は、自分の内面に向かうとのことである。(17)

 

以上から孤独は、創造的なひらめきを脳に与えるのである。


 

 ()
(1)「マズローの欲求段階説
    wipedia.org/wiki/自己実現理論(2013,10,15)
 (2)孤独こそがクリエイティブな人の習慣、偉人名言集

 

www.tommyjp.com/lifehack/no-1-habit-of-highly-creative-people
(2013,10,10)
①音楽家のヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
オーストリアの作曲家、演奏家。古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人。
②小説家のフランツ・カフカ
出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。代表作に「変身」「城」「審判」「アメリカ」「火夫」等がある。
③ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
ドイツの詩人、劇作家、小説家、哲学者、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。
④パブロ・ピカソ
スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家、素描家、彫刻家。ジョルジュ・ブラック同様、キュビスムの創始者のひとり。
⑤パウル・トーマス・マン
ドイツの小説家。1901年に自身の一族の歴史をモデルとした長編『ブッデンブローク家の人々』で名声を得る。その後市民生活と芸術との相克をテーマにした『トーニオ・クレーガー』『ヴェニスに死す』などの芸術家小説や教養小説の傑作『魔の山』を発表し、1929年にノーベル文学賞を受賞した。
⑥ニコラ・テスラ
19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家。交流電流、ラジオやラジコン(無線トランスミッター)、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなどの多数の発明、また無線送電システム(世界システム)を提唱したことでも知られる。
⑦ヨハン・アルベルト・アインシュタイン
ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。

 

(3)「天才の対人関係」
http://www.sipec-square.net/~mt-home/alumni/ando/human%20relation.html
(2013,10,5)

 

(4)アンソニー・スト―(三上晋之介訳)「孤独」創元社、66~67p.

 

(5)若者(30歳未満)の自殺者の推移:2010年版警察庁自殺
(6)若者がひきこもる意味と新たな学び方・働き方の保障

 

立命館大学産業社会学部山本耕平

 

http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/pdf/soudan/05/s4-1.pdf(2013,9,2)
(7)国立精神・神経センター精神保健研究所提供資料

 

www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/sougou/taisaku/kentokai_4/pdf/(2013,810)

 

(8)響庭孝男「ヨーロッパとは何か(文化の重層的空間)」小沢書店、1991年初版

 

(9)観光庁統計「訪日外国人旅行者数及び日本人海外旅行者数の推移」
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/syouhityousa.html(2013,8,10

 

(10)マルコ福音書講解 4 荒野の試み マルコ福音書第一章123

 

http://ha3.seikyou.ne.jp/home/tenryo/mark_004.htm  (2013,9,12)

 

(11)【イスラム教の起こりと開祖】

 

www.d1.dion.ne.jp/~tenyou/index.files/tenyou-ki.files/okori  (2013,9,12)
(12) あの人の人生を知ろう ~ 釈迦編 】
  http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/haka-topic24.html (2013,9,12)
(13)右脳と左脳(脳の仕組み2)http://goodbrains.net/brain/shikumi2.html(2013,9,10)
(14)(3)脳とコンピュータとの違い - 日本学術会議_おもしろ情報館 http://www.scj.go.jp/omoshiro/kioku2/kioku2_3.html(2013,10,10)
 (15)脳をリフレッシュする気分転換法 - 記憶術と勉強法http://jukenkioku.net/benkyo/refresh.html(2013,9,7)
(16)アンソニー・スト―(今井幹晴訳)「天才はいかにしてうつをてなずけたか」求龍堂、362p.
 (17)アンソニー・スト―(今井幹晴訳)「天才はいかにしてうつをてなずけたか」求龍堂,211~212p.

<参考文献>

アンソニー・スト―(三上晋之介訳)「孤独」創元社
アンソニー・スト―(今井幹晴訳)「天才はいかにしてうつをてなずけたか」求龍堂
響庭孝男「ヨーロッパとは何か(文化の重層的空間)」小沢書店

 <引用・参考Webサイト>

 

マズローの欲求段階説

 

ipedia.org/wiki/自己実現理論

 

孤独こそがクリエイティブな人の習慣、偉人名言集

 

www.tommyjp.com/lifehack/no-1-habit-of-highly-creative-people

 

「天才の対人関係」

 

http://www.sipec-square.net/~mt-home/alumni/ando/human%20relation.html

 

若者(30歳未満)の自殺者の推移
2010年版警察庁自殺

 

若者がひきこもる意味と新たな学び方・働き方の保障

 

立命館大学産業社会学部山本耕平

 

http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/pdf/soudan/05/s4-1.pdf

 

国立精神・神経センター精神保健研究所提供資料

 

www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/sougou/taisaku/kentokai_4/pdf/

 

観光庁統計「訪日外国人旅行者数及び日本人海外旅行者数の推移」

 

http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/syouhityousa.html

 

マルコ福音書講解 4 荒野の試み マルコ福音書第一章123

 

http://ha3.seikyou.ne.jp/home/tenryo/mark_004.htm  

 

イスラム教の起こりと開祖

 

www.d1.dion.ne.jp/~tenyou/index.files/tenyou-ki.files/okori
あの人の人生を知ろう ~ 釈迦編
右脳と左脳(脳の仕組み2)http://goodbrains.net/brain/shikumi2.html
脳とコンピュータとの違い - 日本学術会議_おもしろ情報館 
   http://www.scj.go.jp/omoshiro/kioku2/kioku2_3.html
 脳をリフレッシュする気分転換法 - 記憶術と勉強法 
   http://jukenkioku.net/benkyo/refresh.html
 *本文中の全てのアンダーラインは、著者により加筆。

 

Thursday, 14 February 2013

日本の国会図書館への書蔵論文:「宇宙産業・宇宙旅行の将来の展望と宇宙旅行参加者の限界点の考察」日本国際観光学会(第19号)

日本の国会図書館への書蔵研究論文

*INIFTYブログでは、図表が反映できないのでご了承ください!!!

宇宙産業・宇宙旅行の将来の展望と宇宙旅行参加者の限界点の考察
The insight of the future prospective of the space industries & the space travel and the space travel participants’ limit.

キリスト教文化圏とイスラム教文化圏の文化比較視点から分析
The analysis of the cultural comparison viewpoints between the Christianity cultural scopes and Muslims’ one.

The space industry has the peerless possibilities.  Especially, the space travel business has the great latent demand. The business has the unlimited possibility for being able to make advantage of the space infinite resources as “New frontier of 21st century. Besides, the wonderful social contribution and the economic efficiency may be given birth to through the business.
Concretely speaking, more than ten million can be traveled every year, and the people may obtain great possible employment opportunities for the space stations (hotels) which may be constructed in the future, for example.
Under the circumstances, I try to make a research on the possibilities of the space industry and space travel in the near future ,and analyze the space travel participants’ limit, also.
I investigate the number of the space participation limit from the viewpoint of the religious value differentiation between the Christianity & Muslim through the space industry and space travel development studies.

1.はじめに
1961年、ケネディ大統領は60年代中の月面有人着陸を目指すアポロ計画の国家的遂行を宣言した。リーダーの強い意志の下で不可能と思われた計画は可能となり、1969年、アポロ11号によって、その目標は達成された。アポロ計画は、人類が月に到達するという夢の実現だけでなく、我々に宇宙産業や宇宙旅行の実現への可能性の道を開く契機となりました。 特に、宇宙旅行では、 数字的に考えると、先進国の人口の10%が一度の宇宙旅行に2万ドル(約200万円)払うとすると、2兆ドル(約200兆円)の市場となります。これはこの市場規模を小さく見積もっているのであってもっと可能性があります。世界で急速に人口が増えている中間クラスの人々も含め、50%以上の人が宇宙旅行に行きたいと言っているのです。その内、多くの人が一度ではなく何度か行くことを望んでいます。以上のような無限の可能性がある宇宙旅行産業は、観光産業のみならず全産業の活性化に大いに貢献することを確信いたします(1)。

2. 問題提起
私は、世界的な宇宙開発の現状を考察しながら、特に宇宙旅行に話を絞り仮説を提示し、それに対して私なりの分析を試みます。
つまり、私は「宇宙産業や宇宙旅行」には、宗教による違いからその展開の違いが存在し、それによって二極化が認められると思う。つまり、一方では、宇宙への強い憧れがあり、宇宙旅行への道の開拓精神が見受けられ、他方では実際の宇宙への憧れが見受けられなく、それを否定した傾向があり、むしろ過去から継承されたものに固執する傾向が存在するように思われる。無限の可能性のある宇宙旅行の世界的な将来を考えるとき、前者の宇宙旅行への憧れ傾向のとは違い、後者からの参加者の増加を期待することができなく、ある意味では参加者増加の限界点を認めざるを得ないのです。つまり、「宇宙旅行への参加希望者人数の限界」広く言えば「宇宙へのあこがれ性向」は、宗教文化圏の違いによって参加希望者の相違の存在を立証いたします。
これから各地域の文化圏の宇宙開発を概観して、宇宙への憧れ性向、言い換えれば宇宙方向性=未来志向性との関連性と先祖が築き上げた遺産重視=過去指向性の視点から分析をいたします。
世界の3大宗教である仏教・キリスト教・イスラム教の中でのキリスト教とイスラム教との観点からその仮説(二極化とイスラム圏からの参加者の限界ボーダー)を立証いたします。

3.先行研究の考察

3-1 宇宙開発の状況の世界的な趨勢

図―1 各国の政府宇宙予算
      出所:宇宙航空研究開発機構JAXA長期ビジョン- JAXA 2025 -

この折れ線グラフから分かることは、(1)欧米の宇宙予算が年を追うごとに増大の傾向になる(2)日本は平成13年度をピークに漸減が続き、あまり積極的な動きが見られないのです。

図―2 政府宇宙予算対GDP比率の各国比較表
アメリカ 0.28
ロシア 0.12
フランス 0.12
インド 0.1
イタリア 0.07
日本 0.05
イスラエル 0.05
ドイツ 0.04
カナダ 0.03
韓国 0.02
イギリス 0.01
中国 0.01
ブラジル 0.01

(図が添付不可能)

 出所:航空研究開発機構JAXA長期ビジョン- JAXA 2025 -のデータから著者作成
*宇宙予算対GDPの各国の比較から日本は第6位に位置であります。

3-2 各国の商業ベースの宇宙産業のデータを紹介いたします。

但し、日本の宇宙産業は、残念ながら他の国々と比較してかなり立ち遅れています統計を合わせて明示いたします。

(世界の宇宙への活動状況)
宇宙への海外のロケット・衛星打ち上げ実績
商業ベースのロケット打ち上げ回数
(1998~2002年)
米国:48回、ロシア:30回、欧州:44回、中国:5回、その他:17回
各国の衛星打ち上げ機数(1998~2002年)
*軍事・民事・商業全てを含んだ機数
米国:265、ロシア:84、欧州:63、中国:18、
日本:17、その他80
世界の衛星打ち上げ統計
世界の衛星打上げ累計個数は、2006年末時点で5736個。CISと米国だけで約88%を占める。日本は119個で世界3位に付ける。打ち上げ場を保有する国は13カ国(日本・米国・ロシア(CIS)・カザフスタン(CIS)・フランス・イタリア・豪州・スウェーデン・ノルウェー・インド・中国・ブラジル・イスラエル)。
国・地域・国際機関・多国籍企業別衛星打上げ個数(2006年12月末.上位10ヶ国.カッコ内は05年12月末)

図―3 海外のロケット・衛星打ち上げ実績
          (A図)                      (B図)
 

出所:CSP JAPANのデータから著者作成

(A図)は,商業ベースのロケット打ち上げ回数(1998年~2002年)(B図)は、各国の衛星打ち上げ機数(1998~2002年)
*日本はまだ商業ベースのロケット打ち上げの経験がない
*日本は人工衛星の打ち上げ個数も米欧露と比較して少なく、十分な宇宙実証機会に恵まれていない。

図―4 宇宙関連企業の売上高比較

出所:SPACE NEWS,2003

*2002年の資料ですが、日本の会社は、売上高を見るとボーイング、ヒューズ・エレクトロ二クス,ロッキードマーチン等のトップ企業に大きく差をつけられている。
*14位以下に日本の会社が登場しているように、日本はまだ発展途上にあり、これから企業の力量が期待されています。

図―5 衛星打ち上げ実績

世界の衛星打ち上げ実績                  企業別受注残の機数
(2004~2008)                (2007)

出所:社団法人日本航空宇宙工業会 平成20年度宇宙産業データブック

*最近5年間の世界の衛星打ち上げ実績は、年間90機(概算)
*日本企業の商業静止衛星受注残数は、2007年時点で1機のみ。2008~2009年には、三菱電機が3機(外国の通信衛星、日本の気象衛星2機)受注。
*この図の衛星打ち上げでは日本の後進国であること。

図―6 ロケット市場の概況
ロケット打上実績
(1998~2002年   343機)

出所:CSP JAPAN

*この図は、政府(軍事)レベル・民間レベル・商業(企業)レベルのロケット打ち上げ実績です
*日本では、政府レベルでは実績がなく、むしろ民間レベルである「宇宙航空研究開発機構」のみが活躍しています。

3-3 宇宙を経験した宇宙飛行士の関連資料

図―7 宇宙へ行った人(国別ランキング)

  女性 男性
米国  39 276
ロシア  9 96
ドイツ  0 10
フランス  1 8
カナダ  2 6
日本  1 6
中国  0 6
イタリア  0 5
ブリガリア  0 2
オランダ  0 2
ベルギー  0 2
カザフスタン 0 2
インドなど22カ国 0 1
英国など3カ国 1 0
 

出所:東京新聞2009年4.19(知り得ランキング)のデータから著者作成

東京新聞によると、宇宙へ行った人は世界に492人いるという。何回も行っている人がいるので延べ人数はこれより多い1077人にのぼる。専門に訓練された宇宙飛行士だけでなく報道関係、民間旅行者などを含んでいる。
 国別では、宇宙開発の2大国である米国とロシア(旧ソ連を含む)がそれぞれ315人、99人と第3位ドイツの10人を大きく上回っている。特に米国は全体の64.0%と圧倒的である。
 日本は7人とドイツ、フランス、カナダに次ぐ世界6位である。
 「日本人初は1990年。当時TBSに勤めていた秋山豊寛さんが旧ソ連のソユーズに搭乗し、宇宙から地球の映像を生中継。その2年後に、毛利衛さんが日本政府の宇宙開発事業として初めてNASAのスペースシャトルに搭乗した。
 日本初の女性宇宙飛行士は、94年と98年の2度、宇宙へ旅立った向井千秋さん。2人目の山崎直子さんも、2010年以降のスペースシャトルに搭乗し、国際宇宙ステーションに約2週間滞在する予定。」(出所:東京新聞2009.4.19)

3-4 宇宙旅行について資料

A.政府レベル(世界)
2005年の宇宙開発は概ね盛況でありました。日本国内では、HⅡA7号機の打ち上げ成功(2月)、「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」に着地成功(11月)がありました。海外に目を向ければ、スペースシャトルの再開と野口飛行士の活躍(7月)、中国が有人宇宙飛行船「神舟6号」(2人乗り)の成功(10月)、欧州宇宙機関(ESA)の探査機ホイヘンスが土星の衛星タイタンに着陸成功などがありました。

B.民間レベル(日本)
(1)JTBが米宇宙旅行会社のスペースアドベンチャーズ(SA)と業務提携し、SA社が取り扱う宇宙旅行をJTBが日本国内で独占販売する。
(2)リチャード・ブランソン会長率いるヴァージン・グループのヴァージン・スペースシップ・エンタープライズの英国の宇宙旅行開発会社「ヴァージンギャラクティック社」の日本の代理店となっている旅行会社「クラブ・ツーリズム」と業務提携し、販売を開始。

3-5 宇宙旅行実現の意義

(宇宙旅行の効果及び需要)
宇宙観光ビジネスは潜在的に十分な需要があり、航空産業のように100兆円規模の市場になり、数千万人の仕事が生まれると考えられています。年間数百万の人が宇宙を旅行できるようになり、数千の人が宇宙ホテルで働くようになるとこの成長は文字どおり無限です。宇宙ビジネスは21世紀の新フロンティアとして宇宙の無限の資源を利用できる可能性をもっており、その開拓はすばらしい社会への貢献と経済効果を生むでしょう。(1)数字的に考えると、先進国の人口の10%が一度の宇宙旅行に2万ドル(約200万円)払うとすると、2兆ドル(約200兆円)の市場となります。これはもっと可能性のある市場を少なく見積もってのことです。世界で急速に人口が増えている中間クラスの人々も含め、50%以上の人が宇宙旅行に行きたいと言っているのです。その内、多くの人が一度ではなく何度か行くことを望んでいます。
*本文のアンダーラインは著者により書き加えられたもの

3-6 アンケート調査
下記の4種類のアンケート調査について分析を行なった。各々の調査において宇宙旅行に対してポジティブな回答のパーセンテージを示す。

(1)1995年パトリック・コリンズ麻布大学教授アンケート調査 (3,030名)
  「宇宙に泊まって地球を見たい。そのためには3ヵ月分の収入を支払ってもよい」→70%
(2)2004年日本航空協会「佐賀スカイ・レジャー・ジャパン」アンケート調査(125名)
「宇宙旅行に行きたい」 → 87.2%
(3)2004年12月インターネット・アンケート調査My Voice.com (16,007名)
「宇宙に大いに行きたい」→ 21.9%
「やや行きたい」→ 31.5% 合計 53.4%
(4)2004-5年 日本航空協会東京地区サラリーマンアンケート調査(110名)
「宇宙旅行に行きたい」 → 67.3%
出所:「航空と文化」航空宇宙輸送研究会
*アンケート結果として、言えることは多くの方々が、宇宙旅行への関心の高さがあるニーズがあることです。
以上の論述を通じて、「宇宙両の無限の可能性」を痛感するのです。

3-7 宇宙旅行料金の設定について

 宇宙旅行は、当然のことながら、相当高額な料金となることは疑いない。 旅行料金の設定は、需要との関連で重要なファクターであり、いくら位までが可能な範囲かについていくつかの料金設定具体例を基に考察を行なった。
  まず、現在旅行業界で流通する高額旅行としては、世界一周クルーズが上げられる。
具体的商品としては、下記があり共にキャンセル待ちの状況と言われている。料金は全て一人当りである。
(1)郵船クルーズ社「飛鳥」(客室276室)(2)
101日間旅行料金 380万円~1,800万円(早期割引340万円~1,600万円)
(2)商船三井客船「にっぽん丸」(客室238室)
101日間 旅行料金 171万円~810万円 (早期割引157.5万円~729万円)
このように需要量の大きさはともあれ、数百万円あるいは一千万円を超えるような高額旅行に対してもその価値の認知度に応じて一定の需要があることが判る。

 宇宙旅行に眼を転じれば、アンサリ Xプライズを獲得したスペースシップ・ワンをスケール・アップし2007年就航を目指すリチャード・ブランソン会長率いるヴァージン・グループのヴァージン・スペースシップ・エンタープライズが現在最も商業ベースに近いと目されている。この場合、訓練3日に加え、巡航プラス15分程度の弾道飛行で総フライト時間2~3時間程度を前提に、約2,300万円(11万5千ポンド)という旅行料金が設定されている。ロシアのソユーズ宇宙船を使った「富豪のための宇宙旅行」20~30億円に較べればはるかに安いとはいえ、サブ・オービタルで無重力状態も数分と短い点からは割高感が無いでもない。一方、日本ロケット協会の「観光丸」構想では、地球軌道周回2周、飛行時間約3時間で旅行料金約295万円としている。分科会では、ヴァージンの約2,300万円と較べるまでも無く、少なくとも当初はこの10倍の旅行料金でも需要があるであろうという見方が大勢を占めた。出所:「航空と文化」航空宇宙輸送研究会

4.キリスト教世界とイスラム世界との「宇宙産業・宇宙旅行の価値観」相違の考察

4-1 事例考察
クラブ・ツーリズムの「宇宙旅行」の資料を紹介いたしますと、次の通りです。
宇宙旅客機(スペースシップ2)を利用(3)
世界で400名中、日本人12名ということですが、他にはどんな国の方が申し込んでいますか?
(どの国の方が多いのでしょうか?)
大まかな国別の参加者割合は以下の通りです。(2008年時点公表数値)
アメリカ40%、イギリス約17%、ロシア5%、オーストラリア4%、日本4%、スペイン4%、カナダ3%、その他23カ国より参加。

4-2 事例考察海外のSF(宇宙を対象とした)映画の比較論
以下の表は、1950年代~2000年代の海外のSF小説を映画化した国別のものです。この期間の代表的なもの、合計122本です。
注目点は、このリストにはイスラム世界のSF映画が見当たりません。
(国別内訳)
米国 95本
英国 11本
仏 1本
露 2本
独 1本
チェコ 1本
伊・米 2本
米・英 4本
露・米 1本
伊・仏 1本
米・独 1本
日・カナダ・米 1本
著者が表作成
各国のSF小説のタイトルから宇宙映画に関連した作品数を取り上げます。(4)

事例考察から(1)からは、参加者の国別にイスラム圏の参加者が見られず、(2)では海外SF小説を映画化した国別のものには、イスラム圏のSF小説を映画化したものがありません。
また、今まで考察しました、宇宙産業では、(1)宇宙予算対GDPの各国の比較(2)世界の衛星打ち上げ統計の国別(3)世界の宇宙への活動状況(4)海外のロケット・衛星打上実績(5)宇宙関連企業の売上比較(6)ロケット市場の概況(7)宇宙へ行った人(国別ランキング)等で、イスラム圏の国々・国民が見られません。

5.2大宗教からの分析・結論
2つの宗教、つまりキリスト教とイスラム教を取り上げて考察します。
その2大宗教は「砂漠地帯」から生まれたのですが、それら2大宗教は、「絶対の神」が最上位ですが、「自然」に対する考えが、キリスト教の場合、ヨーロッパの中世期に「人間中心的な価値観」が形成され、またアメリカでは「自然を開拓していく中で、勤勉は尊いという価値観を通じて「自然を最下位に位置付ける考えが形成されたのです。
キリスト教の世界観 神⇒人間⇒自然   イスラム教の世界観 神⇒自然⇒人間

つまり、キリスト教では「自然は征服できるもの」「神の領域である宇宙への侵略」の傾向があり、アメリカ人の格言である「山を動かす」で象徴されているのです。
他方、イスラム教では「自然を恐れ、畏敬するものである」。言い換えれば、神=自然と同一視する考えがあると思われます。それゆえに、「自然(宇宙)の神の領域を侵害しない傾向」があるのを認識できるのです。
別の観点から言えることは、キリスト教は、「外的な方向」での未知の世界(宇宙)への志向性があるが、他方イスラム教では、「内的な方向」での既定の世界(過去からの文化遺産:イスラムの信仰のシンボルであるモスク等)への志向性があるのです。つまり、前者は「合理主義の追求」であり、後者は「非合理主義への追求(信仰)」が認められるのです。

例えば、イスラムでは、財源的理由で実現が難しいと思われますが、しかし、例えば「モスク建築」には、宇宙産業に引けを取らない財源を投資しているのです。具体例として、アブダビで建設中のシェイク・ザーイド・グランド・モスク(Sheikh Zayed Grand Mosque)が、2007年9月にオープンしました。総面積22,412平方m2で、メッカとメディナの聖モスクに次いで世界で3番目に大きいモスクとなる。建造物の大きさでは世界10大モスクに入る。建設費用はDh21.67億(約650億円)でした。
キリスト教は、未来志向重視が強く、イスラム教は、過去指向重視であります。
提案として、過去の知識遺産を重視しながら宇宙への志向性との融合の方向性の中で一つのヒントが得られると思われます。
ルソーが提唱した言葉「自然に帰ろう」が思い出されます。人間がすべての合理化主義に突き進むならば、人類、広い視野から言うと地球という惑星に何も生物が生息しない将来が見えてくるのです。
 
人間が自然と共存できる世界を早急に作らねばならないと思われます。

■参考文献

*「宇宙産業の現状と課題」平成16年1月16日
経済産業省製造産業局、航空機武器宇宙産業課宇宙産業室
*「異文化マネジメント(国際ビジネスと文化人類学)」自然との関係P192
*クラブ・ツーリズムとJTBの宇宙旅行の料金:
クラブ・ツーリズム:日本での民間宇宙旅の販売について、2005年5月12日にヴァージン ギャラクティック社と提携しました。■実施日時   2010年 運行開始予定■参加費用  US$20万 (2,000万円)■出発地   米国ニューメキシコ州ヴァージンギャラクティック社宇宙旅行基地■全フライトタイムは2時間の予定 (宇宙空間 25分)宇宙とは 地表から100km以上の空間です
JTB:月旅行、国際ステーション滞在から無重量体験まで■月旅行 一億ドル (100億円)月旅行は2012年以降実施予定です■本格宇宙旅行 軌道飛行 国際ステーション滞在本格宇宙旅行はすでに実施しており、今までに5人の民間宇宙飛行士が宇宙旅行を体験しています■宇宙体験飛行 弾道飛行 現在機体開発中

引用文献

(1)東京新聞2009年4月19日の記事
(2)航空と文化の2005年の記事:「宇宙旅行実現の可能性」日本航空協会 文化情報室長 穴吹 和士

(3)航空と文化の記事:「航空事業から宇宙旅行事業化を検討して」アンケート調査、宇宙旅行料金の設定について日航財団 橋本安男
(4)クラブ・ツーリズム HP「宇宙旅行]

(1)宇宙旅行の無限の可能性の事例:日本ロケット協会がデザインした、乗客を軌道まで運び帰還させる宇宙旅客機、観光丸は広く知られています。もっとも、彼らが見積もったコストは非常に高いものですが。その見積もりとは、軌道までの往復が可能になるであろう投資額は約120億ドル(約1兆2000億円)で、開始してから10年間は、旅客一人につき運賃が2万5千ドル(約250万円)というものです。 日本ロケット協会が作ったシナリオでは、3年を超える1200回のテスト飛行を終えた後、2010年に50人乗りの‘観光丸’が宇宙旅行サービスを開始します。1年間に8機作ることで、旅客数は年に10万人になります。そうして、2020年には年に100万人の旅客となり、更に成長が続き2030年には年に500万人に達します。その頃には、次の図で示している、より進歩したサービスが始まります。
次の図のシナリオでは、2030年までに4千万人の人が宇宙を訪れることになっています。つまり、中間クラスの約2%です。実際はこのクラスの人のほとんどが宇宙旅行を望んでいるのです。また、宇宙旅行の経済的価値は1兆ドル(約100兆円)以上になります。そして、雇用効果は膨大で約2万人の人が宇宙ホテルのスタッフとして宇宙で働くことになるでしょう。宇宙ホテルは何十年かの間は宇宙で最も大きな雇用を生み出すでしょう。その経済効果は年に1兆ドル(約100兆円)の市場となります。している、より進歩したサービスが始まります。

(2)郵船クルーズ社「飛鳥」のクラス別参加料金表
■2011年世界一周クルーズ 旅行代金<お一人様>
《早期申込割引代金》 <単位/円>

《通常代金》 <単位/円>

※早期申込割引代金は2010年10月31日(日)までにお申し込みの場合に適用となります。
※客室をお2人様でご利用の場合のお1人様の代金です。
出所:「飛鳥」のHPから転記

(3)
2時間の宇宙旅行の詳しい行程を教えてください。
詳しい行程は以下の通りです。

宇宙旅客機(スペースシップ2)の乗り心地はどんなものですか?快適なのでしょうか?
空中でのロケット噴射後に3.5G程度、地球に戻る大気圏突入時に6Gの重力加速度がかかります。
スペースシップ2は、ビジネスジェット並みの広いキャビン、リクライニングシートや沢山の外を眺めれる窓で、できるだけ快適な宇宙の旅になるよう設計されております。
3日間の準備訓練はどんなものですか?
重力加速度や無重力に備えた内容の事前訓練になる予定です。
健康診断も同時に行われます。詳細はこれから決定されます。
現地での健康診断の結果、(体力的な問題等で)出発できないという場合もありうるのですか?
一般的に健康な方であれば参加できる宇宙旅行ですが、健康診断などで参加が難しいと判断される場合もありうります。
事前の健康診断書の提出、健康基準については、今後検討の上、決定されます。
出発が当初より延びていますが、具体的な旅行実施時期は?
2005年の計画の発表時には、早ければ2008~9年に商業宇宙旅行開始ということでした。現在の状況では、2012年以降の開始になりそうです。
ヴァージン社はスピードを競うより、安全を最優先してこの計画を進めていきたいと表明しております。
又、第1便は、ヴァージングループのリチャードブランソン会長が、ご両親やお二人のお子様のご家族を連れて最初に参加する予定です。
トップ自らが安全を確認をした後に、お客様をご案内する予定です。
実際の宇宙旅行のときには機内で、写真撮影や飲食は可能ですか?
まだ正式な形で、機内で何が可能か、不可能かということまで発表されておりません。基本的にカメラやビデオの持込は可能の予定ですが、大きさなどに制限を設ける可能性があります。ヴァージン社はできる限り、思い出に残る宇宙旅行の演出を考え、搭乗者の様子を記録し、お渡しをすることも検討しております。
出所:クラブツーリズムHPの「宇宙旅行」から転記

(4)
1950年代~2000年代の海外のSF小説を映画化した映画作品
☆映画化がされた小説
*メトロポリス(1927年/独)てア・フォン・ハルボウ
* ロスト・ワールド(1925/米)アーサー・コナン・ドイル 
* 透明人間(1933/米) H・G・ウェルズ
* 月世界旅行(1902/仏)H・G・ウェルズ
*地球最後の日(1951年/米)フィリップ・ライリー&エドウィン・バーマー
* 地球の静止する日(1951/米)ハリイ・ベイツ
* 渚にて(1959/米) ネビル・シュート 
* 蝿男の恐怖(1958/米)ジョルジュ・ランジュラン
* 宇宙戦争(1953/米) H・G・ウェルズ
* 遊星よりの物体X(1951/米)ジョン・W・キャンベル・ジュニア  
* ボディ・スナッチャー 恐怖の街(1956/米)ジャック・フィニィ 
* 原子怪獣現わる(1953/米) レイ・ブラッドベリ  
* イット・ケイム・フロム・アウター・スペース(1953/米) 
* 地底探険(1959/米) ジュール・ヴェルヌ 
* 海底2万マイル(1954/米)ジュール・ヴェルヌ
* 悪魔の発明(1959/チェコスロバキア)ジュール・ヴェル
* 悪魔の発明(1959/チェコスロバキア)ジュール・ヴェルヌ 
* 蝿男の逆襲(1959/米) ジョルジュ・ランジュラン
* 月世界征服(1950/米) ロバート・A・ハインライン
* 猿の惑星(1968/米) ピエール・ブール 
* 未知空間の恐怖 光る眼(1960/英)ジョン・ウィンダム
☆今後、映画化が予定されているとされている小説 
* 火星のプリンセス/エドガー・ライズ・バロウズ(2012年公開予定、監督アンドリュー・スタントン)
* 終わりなき戦い/ジョー・ホールドマン(リドリー・スコット製作予定)
* 宇宙のランデブー/アーサー・C・クラーク(モーガン・フリーマンが映画化、デビッド・フィンチャー監督予定)
* リング・ワールド/ラリー・ニーブン
* ハイペリオン/ダン・シモンズ(マーティン・スコセッシ監督)
* エンダーのゲーム/オースン・スコット・カード(ウォルフガング・ペーターゼン監督)
* ファウンデーション「銀河帝国興亡史」/アイザック・アシモフ、: アルベマス/フィリップ・K・ディック
☆今後、リメイクの予定があるとされている作品
* トータル・リコール(レン・ワイズマン監督、リメイク撮影中)
* 海底二万マイル(マック・G監督予定)
* 地球最後の日(スティーブン・ソマーズ監督予定)
* 華氏451(フランク・ダラボン監督予定)
* ミクロの決死圏(製作総指揮ジェームズ・キャメロン)
* 2300年未来の旅、
* ウェスト・ワールド
* 人類SOS!
* スローター・ハウス5
* 地球爆破作戦(ロン・ハワード監督予定)

Friday, 28 May 2010

企業様から注目されている演技手法によるセールスマン研修概要

1日研修の事例

<演技手法によるセールスマン研修の流れ> 

研修指導講師:俳優:岩崎秀夫 

研修期間:1日研修(9:00~20:30)(時間調整可能) 

1日コース料金:応相談 

研修希望人数:30名前後 

目的:販売のための積極的な自画像の作り方(メンタリティー)の習得 

レッスン-1 

自己紹介、稽古に臨む時の心構え、自分自身を知れ、真の演技(芝居)とは?表現とは?感動とは? 

レッスン-2 

*自分自身をすべてさらけ出す発声訓練(最大限の感情解放の訓練) 

A:発声の肉体の基礎訓練 

B:滑舌の練習 

*相手に伝わる話し方の訓練(間の取り方) 

昼休み 

レッスン-3 

*集中力の訓練:一点集中訓練 

*キャラクターのための練習:いろいろな性格づくり、またその表現練習
*顔の部分の表情作りの練習(内的な感情と表現との連結の練習) 

*イマジネーション訓練(Part-1) 

無対象動作の練習:仮想相手がわかる動作表現の試み(台本なし) 

レッスン-4 

*しぐさの実習 

*イマジネーション訓練(Part-2) 

仮想相手に対しての一人芝居(台詞と動作の融合表現) 

Saturday, 23 December 2006

私の講演テーマ

<15テーマ>

(1)人生はすばらしい、無限の可能性がある
*自分の経験談

(2)演劇を通じて学んだこと
*人間形成に役立つ演劇について

(3)音楽を通じて学んだこと
*人間の感情面・情緒面について

(4)英語教育について一言
*外国語崇拝による母国語軽視の危険性

(5)ヨーロッパ中世の世界とは?
*中世からわれわれは何を学ぶべきか?

(6)40カ国以上の渡航経験から学んだことは?
*多面的文化について比較文化の見地からの考察

(7)まもなく退職、第二の人生をいかに充実に過ごすか?
*自分の日頃感じていること、また海外の諸ケースを紹介

(8)芸は身を助けるといわれています、
貴方もギター演奏の芸を身につけませんか?
*ギターのすばらしさを知ってもらいたい

(9)120分で簡単なギター演奏ができます
*短時間でギターの演奏法を伝授します

(10)第二の人生で、貴方も俳優業に挑戦してみませんか?
*俳優業ほど人生で挑戦するだけの価値があります

(11)私のボランティア活動から考えることは?
*本当のボランティア活動について提言

(12)これからの時代は、英語だけではダメ、ポリグロット(数ヶ国語に通じた人)になりませんか?その方法を伝授します
*言語の面白さ、神秘な言語世界へご案内します

(13)孤独について
*多くの歴史上の偉人の孤独の効用について考察し、それから孤独の価値について提唱

(14)ピアノを弾いた経験がない中高年の皆さん!ベートーヴェンのピアノソナタ「月光」第一楽章に挑戦してみませんか?きっと新しい世界が見えてきますよ。

(15)『黒死病』の歴史の考察
*中世ヨーロッパを蹂躙した「黒死病」が現代社会に警告していることは何か?

*最新講演活動情報

*2009年2月21日(土曜日)埼玉県行田市長野公民館にて講演会

講演テーマ「人生は素晴らしい、たくさんの可能性がある」

Recent Trackbacks

ウェブページ

July 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31